論理国語・表現力
育成コース

論理国語・表現力育成コースは、多彩な文章を読むことで、語彙や読み方を身につけるとともに、
自身の考えを発表すること、組み立てることの表現力育成教育を行います。
また、家庭など生活の中でも実践することにより、さらに学びが深まるカリキュラムです。

対象 小1・小2 (新小1は4月~)
定員 8名
指導内容 読解力・語彙力・表現力育成教育
授業時間 月2回90分
開講校舎 西宮・宝塚・神戸住吉・上本町・豊中・千里中央・高槻・四条烏丸・千種・御器所・本山・お茶の水・自由が丘・経堂

新小1生から
受講スタートする方へ

新小1生からご入会の方の場合、
2~3月は、
国語学習の基本となる
ひらがな・カタカナの読み書きを学ぶ
準備講座を月1回実施します。
(詳しくは各校舎にお問い合わせください)

各校舎情報はこちら

今すぐ論理国語・表現力育成
コース
の資料請求

論理国語・表現力育成コースの
資料請求はこちら

論理国語・表現力育成
コースの
カリキュラム

はまキッズオルパスクラブの国語カリキュラム(2年間)では、読解力や語彙力の育成を基盤として行います。
そして、自身の意見を伝える表現力・思考力、さらに想像力を養います。

  1. ファースト
    グレード
    (小1)

    ひらがな・カタカナといった国語の基礎から、文章を読み解く中で必要になるみつけていくべきものを考えていきます。また、表現力を身につけるため、まずはイラストや写真を見て様子を自分なりに表現します。
    次に心情語を中心に、多種多様な言葉を引き出すとともに、実際に使う機会を作り自分のものとできるようにします。

    学習内容例

    • イラストから様子を考え、感じたことを伝える
    • 身近でないものを見て、どのようなものかを考え、話し合う
    • 心情語を引き出す
    • 詩歌を詠うなど
  2. セカンド
    グレード
    (小2)

    ファーストグレードでの学習で、基本的な読み方を身につけたことから、やや長い文章からも伝えたいことを読み取る力をつけます。多様な語彙に触れる機会も増やすことで、より豊かな表現を読み取ることができることを目指します。
    また、すでにある文章を推敲し表現力を高めることや、多様な語彙に触れるため語句の成り立ちを考えること、加えて、意見の違いを話し合うことなどを行い、より高い表現力、思考力を身につけることを目指します。

    学習内容例

    • よりよい文章を考え、話し合う
    • 言葉を成り立ちから考える
    • 芸術を鑑賞して感じたことを人に伝える
    • 異なる意見を考え、議論するなど

表現力育成教育について

「国語」と聞くと文章を読むことを想像されることが多いかと思います。それは、読む力を基に、他者の意見をくみ取ることができるようになると考えることから、読解を中心とされることが多いためと考えられます。
しかし、実生活や今後の社会生活においては、読み取ることにとどまらず、意見を考え、また、伝える力が希求されていることは言うまでもありません。
そのため、できうる限り、自身で意見を立て、意見を伝える機会を創出し、社会生活において必要な思考力や表現力を身につける機会として、答えのないものに答えを出す時間を共有したいと考えました。
また、実際に意見を伝えることだけでなく、他者の意見を聞く機会も作ることで、他者はどのようにしてそう考えたのか、他者に対しての配慮や立場の違いを考えて、意見を伝えることもできる想像力を育成することができます。
実生活に役立つ学びから、学ぶことを楽しむこと、また、より深い読みや思考をする機会に触れることで、自身から学び取る力を育成する機会ともいたします。

授業の流れ

国語コースの1回の授業時間は90分です。実生活の中で身につけたい読む力・伝える力・考える力の育成を行います。
教室では、教室でしかできないことをしたいという考えのもと、考え方を学ぶことや他人の考えを知ることで、
自分の考え創りのヒントとすることなどが中心となります。

  1. 01
    読解・語彙力育成
    45
    多様な文章の中に含まれる、書き手の伝えたいことをいかに読み取るかを考えた上で、実際に文章を読み、意見を読み取る力、いわゆる読解力を身につけます。
    また、文章を読む中で、表れる語句を中心に、どのような意味で使われているかを想像すること、加えて、各種の文章表現をまとめて伝えることから、類似した語法を知ることにより、幅広く深い語彙を身につけます。
  2. 02
    表現力育成
    45
    社会生活の中では、相手の思いを知ることに加え、自身の考えを正確に伝えていく力が求められます。
    そのため、自身の考えをまとめ、伝えること、他者の意見を聴き、よりよい表現力を知ることを繰り返し、
    自らがどのように表現するとよいのかを考えていきます。
    その切り口として、イラストや写真から様子を読みとり、自分なりにそのものを説明することなどを行います。

今すぐ論理国語・表現力育成
コース
の資料請求

論理国語・表現力育成コースの
資料請求はこちら