【コラム】幼児期にコミュニケーション能力を育てるには

友だち追加

 

 

新型コロナウイルスの流行により家にいる時間が増え、他人と話す時間が減ったという方は多いのではないでしょうか?
子どもたちも、幼稚園や学校などが分散登校になったこともあり、以前よりもお友だちと接する機会が減っていると思います。

その一方で、今回のコロナウイルスとは関係なく、幼児の保護者が抱える悩みの1つとしてよくあるのが「お友だちとの関係性」です。

具体的には、
・お友だちの物をとった、とられた
・お友だちとケンカになった
・お友だちと一緒に遊べない         
などです。

そして、悩まれている保護者の話を聞いていると、「うちの子どもは口数が少ないから…」「明るくないから…」「内気な性格だから…」といった理由を挙げて、コミュニケーション能力がないと仰います。

しかし、本当に上記のような理由が原因なのでしょうか。
反対に、明るく元気な子どもなコミュニケーション能力が高いのでしょうか。

そこで今回は、「幼児期にコミュニケーション能力を育てるには」をテーマにお話したいと思います。

 

1.コミュニケーション能力とは

コミュニケーションという言葉はとても曖昧ですが、辞典などで調べると下記のように出てきます。

『社会生活において、他者と意思疎通が円滑にできる能力』

これでは固いので、子どもにも分かりやすくすると、『①相手の話を理解する力』『②相手に自分の考えを伝える力』の2つに分けて考えることができます。

Point▽
コミュニケーション能力を身につけるには、『理解する力』と『伝える力』を育てる

 

 

2.コミュニケーション能力の重要性

幼児期の子どもでなくても、近年さまざまな場面でコミュニケーション能力の重要性が唱えられています。
例えば、以下のようなものがあります。

〇小学校生活におけるコミュニケーション能力
幼稚園や保育園から小学校に上がったときに、上手くクラスに馴染めないなどの「小1プロブレム」や「お友だち関係のトラブル」があります。(※詳しくは、『【コラム】小1プロブレムの原因と対策』をご覧ください。)
これらの問題は、コミュニケーション能力が高い子どもには起こりにくいと考えられます。
なぜなら、まわりの子どもとコミュニケーションがとれることで、協力しあったり話し合ったりすることができるからです。
仮にクラスの中で分からないことがあったり、まわりよりも遅れそうになったりしたとしても、聞いたり、助けてもらったりすることができます。
またトラブルがあっても、相手の意見を聞いたり、自分の考えを伝えたりすることで解決することができます。

〇就職活動や社会人生活におけるコミュニケーション能力
新卒採用における経団連のアンケート結果を見ると、選考時に重視した点の上位5項目は次のような結果となっています。

“1位…コミュニケーション能力 82.4%
2位…主体性 64.3%
3位…チャレンジ精神 48.9%
4位…協調性 47.0%
5位…誠実性 43.4%”

引用元:日本経済団体連合会『2018年度 新卒採用に関するアンケート調査結果』

コミュニケーション能力は、16年連続でダントツ1位です。
これは、仕事をされている保護者の方なら日ごろ実感しておられるのではないでしょうか。

Point▽
コミュニケーション能力は、将来にわたって役立つ能力である

 

 

3.幼児期にコミュニケーション能力を育てるために

では最後に、今回の本題である子どものコミュニケーション能力を育てるには具体的にどうしたら良いかをご紹介します。

〇毎日、その日の出来事を話題にする
いざ子どもとコミュニケーションをとるといっても困る方も多いと思いますが、話題は幼稚園や保育園であった日々の出来事で構いません。
これなら、些細なことから行事などのイベントまでジャンルもさまざまで話題が尽きませんし、子どもにも身近で話しやすい内容です。
さらに、こういった身近な話題は内容の理解がしやすく伝えやすいので、コミュニケーション能力を身につけるために最適です。

〇子どもと会話するときのポイント
・リアクションをとる
幼児期の子どもは言語能力が低いため、それを補うために親の表情をよく見ています。
そのため、話の内容にあわせて「大きく頷く」や「表情を顔に出す」など、少し大げさなくらいにリアクションをとることで、非言語コミュニケーションをとるようにすると良いでしょう。

・子どもの話を最後まで聞く
幼児期は語彙量が少ないため頭の中の考えを上手く表現することができないので、話がたどたどしくなります。
このとき、親が先回りして結論を言ったりして途中で話を切っていませんか?
これでは、子どもの『伝える力』が育ちません。
言葉が出てこないときは、少し待ってあげたり、「〇〇ということ?」と問いかけてあげたりして、できるだけ子どもが最後まで自分の考えを言葉にして伝えられるようにしてあげましょう。

・子どもに質問形で投げかける
人は誰しも、「これは〇〇ですか?」や「△△についてどう思う?」などと聞かれると、質問に対して答えます。
これは、子どもとの会話でも一緒です。
「今日の幼稚園は楽しかった?」や「今日、保育園での給食は何だった?」など簡単な話題から入り、子どもの様子を見ながら、「じゃあ、明日の準備は何が必要なのかな?」や「〇〇くんは、その時どんな気持ちだったのかな?」など少しずつ考える質問も織り交ぜていくと良いでしょう。

Point▽
会話を繋げることで、『理解する力』と『伝える力』を身につける練習になる

 

コミュニケーション能力は、あくまでも『理解する力』と『伝える力』です。
この2つが身につけば、冒頭にあった「口数が少ない」「明るくない」「内気である」などの理由は関係なく、お友だちとも良好な関係を築くことができます。
まずは、家庭内のコミュニケーションから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 


 

幼児教室『はまキッズオルパスクラブ』では、お子様の社会性を育むため少人数制の双方向授業の形態をとり、お子様とのコミュニケーションを大切にしています。各校舎にて体験授業を受け付けておりますので、ぜひご参加ください。
体験授業のスケジュールはこちら▷「体験授業」

 

 

Writer:幼児教室はまキッズ
灘中合格者数日本一の実績を持つ浜学園が運営する能力開発型の幼児教室。保護者同室・少人数制の授業で、高い思考力と社会性を養成します。対象学年は3歳~小2生。

 

友だち追加