【コラム】幼児期の家庭学習 おすすめの方法とは

友だち追加

 

家庭学習に関するお悩みは、保護者の方から非常によくお伺いします。
特に幼児期の家庭学習は、内容以前に習慣化や取り組み方などの前段階が確立されていないため、なかなか思うようにいきません。
幼児教室や学習塾の宿題も含め、家庭でどのように学習を進めればよいか、時間・量・取り組み方など日々模索しておられる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「幼児期の家庭学習」にテーマを絞り、お悩み別におすすめの方法をご紹介します。

 

お悩み①
子どもがなかなか机に向かわず、勉強を始めるまでに時間がかかってしまいます…。

Answer:
子どもの年齢にもよりますが、小学生ならいざ知らず、幼児期には基本的に机にジッと向かうという習慣がありません。
ましてや、3歳・4歳くらいの子どもならなおさらです。
幼児教室に通い始めたからといって、無理に机に向かわせるのは逆効果です。

このような時におすすめの方法は、「学習」と「習慣」を切り分けて子どもに接することです。

そもそも、学習をするにあたって、机に向かうことは必須でしょうか。
決してそうではありませんよね。
幼稚園や保育園の行き帰りなど、移動時間を利用して計算やしりとりをするのも学習の一つです。
ただし、このときに「3+2はいくつ?」などプリントと同じような問いかけをしては面白くありません。
その時見えている風景によって、「川に白い鳥さんが3羽いるよ。見える?あっ、あっちには黒い鳥もいる。何羽いる?そう、2羽だよね。じゃあ全部で何羽かな?」などと、親が自然な形で聞いてあげると良いでしょう。
こうしてまわりの風景を活用することは、子どもが計算に飽きたとしても、「じゃあ次は〇〇探しをしようか」「葉っぱの色が赤や黄に変わってきたね」などと言って、テーマを自在に変えることができるのでおすすめです。

このように、机上の知識学習ではなく、外の世界といろいろな関連付けを行う興味学習の方が、自然な形で子どもの学習意欲を高められるのです。

次に、習慣については、まず事前に以下の点ができているかチェックしてみてください。

<子どものチェックポイント>
□人の話をじっと聞くことができますか?
□家庭内の約束事がありますか?
(帰宅したら手洗いうがいをする等)
 また、それを守れていますか?
□机の上が片付いていますか?
□夜の読み聞かせをしていますか?

<親のチェックポイント>
□親子で会話をしていますか?
□親も約束事を守っていますか?
□家全体で整理整頓されていますか?
□親が読書や学習をする習慣はありますか?

すでにお気付きの通り、子どもが習慣としてできるかどうかのポイントは、家庭内に一定のルールや習慣があるかどうかに関係しています。
子どもの前に、一度、家庭内を見てみましょう。
上記のポイントがクリアできていれば、机に向かって勉強することもスムーズにできるでしょう。

 

 

お悩み②
うちの子は興味のあることしか取り組もうとしません。このままでよいのでしょうか。

Answer:
そのままで問題ありません。
安心して子どもの興味関心を受け入れ、伸ばしてあげてください。
無理に強要してまで他のことをやらせるのはよくありません。
幼児期は敏感期と言われるように、時期によって子どもなりの興味やブームがあります。
おもちゃで考えてみると分かりやすいのではないでしょうか。
お子様は半年前、1年前のおもちゃで今も遊んでいますか?
仮に遊んでいるとしても、今後もずっと遊び続けるでしょうか?
大半のおもちゃはいずれ捨てられるか、押し入れの中に眠ってしまいますよね。

もし、数年スパンで子どもが取り組めていることがあれば、それは長期でやり続けて「興味」から「強み」、さらには「自信」まで持っていってあげましょう。
分かりやすい例としては、スポーツ選手などのプロの世界が極みですよね。

そうは言ってもやはり多少はいろいろやらせないと不安…という方におすすめなのは、興味をほかの周辺のことに結び付けるという方法です。
例えば、電車が好きな男の子であれば、「車種と色」「車両と数」「運転席のメーターと速さ」「時刻表と時間」など、子どもの視点にない話題を振ってあげると、自然と学習に必要な知識も広がっていくでしょう。

 

 

お悩み③
子どもに、勉強が楽しい時間であると思わせる家庭での学習方法を教えてください。

Answer:
ここでおすすめなのは、勉強=楽しい時間にするために「結果」と「過程」の2点を明確にすることです。

まず「結果」については、家庭学習を始める前に「3枚」や「10分」など学習量や時間などのゴールを決めておくと良いです。
その上で、日々、最初に決めた量や時間が達成できたかどうかを見てあげてください。
当初のゴールがクリアできていたら、たくさん褒めてあげましょう。

その際、小学校受験など直近で必要な場合は別として、幼児期にうちに問題ができたかどうかを過度に評価することは極力避けましょう。
この部分を過度に見ると、小学校に進級してからも、評価軸が「物事ができる・できない」になってしまい、新しいことへのチャレンジに身構えるようになる可能性があります。

次に「過程」ですが、幼児期はまだ一人でできることも少なく、ただ机に向かいプリントをするだけでは集中力もなかなか長続きしません。
そこで、親子で一緒に取り組むようにすると良いです。
また、このときに動作を伴う作業を入れるとさらに良いです。
具体的には、プリントだけでなく学具などを使って遊び感覚でやってみたり、5問できたらミニ休憩(丸付け・ハイタッチ・褒めるなど親子のスキンシップ)を取ったりすることは効果的です。
また、問題に取り組むときに親が全て先回りするのではなく、多少時間がかかったとしても、学習前後の準備や後片付けを子どもに手伝ってもらうということも有効です。
参考までに、以前、私が実際にお教室の授業でとりいれてみたことをご紹介します(家庭と教室で少し環境は違いますが…)。
*****

たとえば上のような図形の合成分解を扱う場合、
・授業前、早く来た子どもに、例題で使うための折り紙の準備を一部手伝ってもらう。
・作業中は授業で使うとしか伝えず、敢えてどのように使うかは伏せておく。
(・授業時に、〇〇くんが作ってくれたよ等とお友だちに紹介し、お礼を言う)
・授業中、自分で作ったものを使って考える
・授業終了後、作ったものをプレゼントして、また家庭で遊んでもらう
*****

このとき、子どもは一から作って概要を把握しているため問題のポイントに気付きやすく、自分でやった・できたという達成感も感じやすくなります。
さらには、家庭での復習にも繋げられます。
学習時間を単なる“勉強”としてではなく、楽しかった“経験”として受け止めてもらえるように、前後の時間も含めた一連の流れの中で、遊び感覚や褒められたという印象を子どもに持ってもらうことがポイントになります。

最後に、最も大切なのは、この一連の流れを親自身が重荷に感じることなく楽しむということ。
これこそが成功の秘訣です。

 

今回は、「幼児期の家庭学習」をテーマにおすすめの方法をご紹介しました。
ぜひ、参考になさってください。

 

▼幼児教室「はまキッズオルパスクラブ」
https://www.hamakids.jp/first/
高い知性・思考力を育む、能力開発中心の幼児教室です。

 

友だち追加