【コラム】早期教育は何をすべき?先取り学習はどこまで進める?

幼児教育をしていると、数年サイクルで早期教育、先取り学習の波がやってきます。
これは、早期教育や先取り学習についての議論を行う際に、結果から逆算して「正しい」「悪い」と考えていることが一因であると考えられます。

今回のテーマは、「早期教育は何をすべきか?先取り学習はどこまで進めておくべきか?」。
結論としては、「<なに>を<いつ><どのように>子どもに与えてあげるか」ということが鍵になります。

 

早期教育は<なに>を与えるか

そもそも、教育を早い時期から子どもに与えることにおいては、プラスになることしかありません。
大切なのは、<なに>を与えるかです。
教育は食事と似ており、良いものを食べると健康になりますし、反対に悪いものばかりを食べていると不健康にもなります。
また、良いものだからといって同じものばかりを食べたり、日によって食べたり食べなかったりしていては、栄養が偏って体調を崩してしまいますよね。
早期教育も、本当に良い教育を、バランス良く与え続けることが一番です。

 

先取り学習は子どもに合わせて<いつ>を考える

次に、先取り学習は<いつ>というタイミングが重要になります。
スタートしてみる時期は早くても問題ありません。
ただ、どこまで進めるかは子どもによって変わります。
食事も年齢や体調によって味覚が変わるのと同じで、一度食事のように出してみて、子どもの好みであれば進めるだけ進めば良いですし、反対に嫌いなものであれば遅々として進みません。
しばらく、時期(いつ)を待ちましょう。
一般的な情報は、自分の子どもではなく、あくまで他人の子どもの話です。
どこまで進めるかは、その時の子どもの状態を見て考えてあげましょう。

 

コツは<どのように>学習を進めるか

最後に、早期教育や先取り学習を進める上でのコツは<どのように>です。
早く始めても継続しなければ先取りの意味がありませんし、先に進めようにも一定以上進むと難しくなりペースが落ちます。
ここでも食事に例えると、にんじん・たまねぎ・お肉など基本となる具材も毎日同じメニューでは子どもは飽きてしまいます。
そんな時は、同じ具材でもメニューや味付けをアレンジしてみますよね。
勉強においてもたまにアレンジを加えてみることで、単調で退屈なことを楽しめるようになったり、詰まっていた部分がスッと理解できたりします。
ぜひ、些細なことでも一手間を加えてみましょう。

 

今回は早期教育、先取り学習についてお話ししました。
ぜひ、上記3つの視点で考えてみてはいかがでしょうか。

 

▼幼児教室「はまキッズオルパスクラブ」
https://www.hamakids.jp/first/
高い知性・思考力を育む、能力開発中心の幼児教室です。

 

友だち追加